第一回交流会in大阪~交流会レポート~

 

今日は先月開催された交流会のレポートをお届けいたします。
大変お待たせしまして、申し訳ございません。

■プログラム
・開会挨拶(本田会長)
・講演「West症候群の基礎知識」
大阪市立総合医療センター/九鬼一郎先生
・グループトーク交流タイム
・集合写真撮影

■参加世帯数
・33世帯

5月14日、待ちに待った第一回目のウエスト症候群患者家族交流会in大阪が無事開催されました。
この日の大阪は見事な晴天!
参加者のみなさんは、初めての交流会ということもあり、期待と緊張の面持ちで会場に集まってこられました。

*九鬼先生の講演では、ウエスト症候群の〝基礎知識〟を学ぶことをテーマに、ウエスト症候群の概要→原因→治療→課題と将来 という流れでお話し頂きました。

※余談ですが、九鬼先生は噂には聞いていましたが、本当にイケメン・クールで素敵な先生でした!

*講演後には、7つのグループに分かれてフリートークの時間が設けられ、各グループで、一人一人ウエスト症候群の発症までの経緯や、抱えている不安などを話し、共に思いを分かち合える時間となりました。

*最後に全員で集合写真を撮りましたが、ここで登場したのが、役員お手製のフォトプロップスとガーランド!こちらは手土産としてお持ち帰り頂きました❤︎

■感想
初めての交流会だったので、参加者の誰もが、どんな雰囲気なんだろう?馴染めるかな?と、ドキドキしながら受付に来られていました。そんな私自身も、どんな交流会になるかな?とドキドキでした。
少しずつ少しずつ場の雰囲気が和やかになっていく様子を見て、「あぁ〜こうやって、第2回、3回と交流を重ねていくほどに少しずつ打ち解けていき、〝家族会〟というものが作られていくんだろうなぁ」と思いました。ウエスト症候群患者家族会はまだまだ始まったばかりの、これからの会です。
今回の交流会で、準備に携わってきた理事・役員も様々な面での改善点に気づくことができました。やってみて初めて分かることなので、これから交流会を重ねていくに連れて、より良い交流会にしていけると思っています!
参加者の皆さまには、不慣れな点が多々あり、たくさんのご不便をおかけしたことと思いますが、直接顔を合わせてお話しできたこと、とても嬉しかったです。これからも、みんなで意見を出し合いながら、この家族会がオアシスのような場になるように、一緒に作り上げていきましょう!

あかりん*

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。